May 2008アーカイブ

iamas1.jpg気がついたらもう一週間経過してしまったが、手短に記録を残しておこう。先週の土曜日、岐阜県大垣市のIAMASを訪問してきた。プロトタイピングのためのツールキット、GAINER/FUNNELを使った「フィジカルコンピューティングでスケッチ」ワークショップに参加するためである。内部生向けとして開催されたものに、開発者の小林茂さんのご厚意で特別に参加させて頂いた。写真は、キャンパス正門。(お約束ながら)暴走族の落書きではなく、IAMASとサインしてある。


新卒予定の人たちに歴然と表れている「差」について、あるCTOの指摘。
可能性が感じられる人、というのはつまり、自分が何をしたいか明確に分かっていて、かつその分野の体系的な知識を身につけている人たちです。現時点ではそんなに多くを習得しているわけではないにせよ、体系全体を理解していますから、自分がどこまで知っていて、未知の領域がどのくらいあるか、感覚でつかんでいます。
断片的な知識と体系的な知識
(学生の勉強不足は論外としても)今の情報環境自体が断片的なものなので、情報に接する態度によって差が開いていく傾向は今後ますます強くなっていきそうな気がする。技術者だけではなく、おそらくどの分野にも通じる話なので、大学で教育している側としても責任感じる話だ。同様のことを指摘した内田樹の言葉を思い出したのでこちらも引用してみよう。

教養の深浅は、自分の「立ち位置」を知るときに、どのくらい「大きな地図帳」を想像できるかによって計測される。教養のない人というのは、「自分が何者 で、どこに位置しており、どこへ向かって進んでいるか」を考えるときに、住んでいるマンションの間取り図のようなものしか思いつかない人のことである。教 養がある人というのは、世界史地図のような分厚い本を浮かべて、そのどのあたりの時代の、どのあたりの地域に「自分」を位置づけたらいいんだろうと考えら れる人のことである。
子どもは判ってくれない」洋泉社 2003

うーむ、こういう問題は自分の欲求の趣くままに生きているだけではわかりにくいし、自ら気付くにせよ、気付かされるにせよ、他者からの影響は必須だよな。

個人的な見解になるが、体系的な知識とは、学校で準備して一定のラインをパスすれば認められるようなものではなく、自分の視点を上げてメタに俯瞰し、ものごとの文脈的な前後左右(関わり合い)を見渡すようなイメージだ。だから、個々の知識のパーツをガシガシと組み合わせて一定の構造を見出すまでのトレーニングを積む学習の量としては同じでも、同時にそれがどんなかたちしているかをときどき引いて見る努力、自分の学んでいる知識を異分野の人にわかるように語り下ろす努力(つまり他のコミュニティとの接点における自己省察)が重要なんじゃないか、と思った。そういうことが普通に行われるような環境づくりなのかも、と。


sonoyama.jpg
来週の火曜日に、ネットワーク情報概論1にて、ロボットデザイナー園山隆輔氏の講演会を行います。人とロボットのインタラクションのあり方について、大変面白いお話を聞けると思います。鮮やかな視点に目から鱗が落ちること必死です。

園山さんの講演はお話される内容も大変興味深いのですが、特にプレゼンテーションの訴求力が群を抜いており、視覚(スライド)と聴覚(喋り)のバランス、いつのまにか巻き込まれてしまう話のテンポも含めて非常に質が高いもので、その意味でも勉強になります(すくなくとも私がこれまで見てきた中で最高レベルの人です)

1年生向けの講演ですので易しい概論的なお話の予定ですが、他学年のみなさんも是非聞きに来ましょう。席には余裕あります(600人収容)ので、学外の方でも聴講を希望される方がいらっしゃいましたら上平までご一報下さい。


◎6月3日(火)16:35〜18:05
◎専修大学生田キャンパス10号館301教室
◎ネットワーク情報概論1特別講義
◎講師:園山隆輔(T・D・F代表)
◎演題:「インタラクションデザインのススメ」
◎著書:ロボットデザイン概論

「ロボットのように新しいモノが登場したときには、プロダクトデザインにより人とモノとの関係性を見せてあげる必要があると思うのです。そうでないと、『これがあれば、こんな暮らしが送れるなあ。だから購入したいよね!』という話に結び付かないと思うんです。
 ロボットが生活の中に入り込むことができずに、いまだに見せ物的な扱いになっていますが、デザインで関係性を示せていないことに原因の1つがあると思うんです。ロボットを見せ物小屋から商談の場へと出してやる役割を、プロダクトデザインが担っているんです」
「人とロボットとの関係性がイメージできる。それが、ロボットデザインの本質です」

uchida.jpg
 金曜の午前中、江東区にある内田洋行の潮見オフィスまで3年生全員と訪問。一部学生らの服装に冷や汗をかきつつ、ショールームにお邪魔させていただく。ハイテクな製品に好奇心丸出しで歓声をあげる若者らの反応は、中の人達には新鮮だったようでかなり面白がられたが、引率する側としてははしゃぎっぷりにますます冷や汗をかく。朝っぱらの時間帯、貸し切り状態で助かった。

 見学させていただいたのち、ミーティングルームにて学生らが進行中のプロジェクトについて手短にプレゼンする機会を設けて頂いた。まだ企画もちゃんと固まってないながらも、現時点での問題意識と調査内容を聞いてもらうために、学生らは徹夜して発表用の資料をファイリングして持ってきたようで、そのへんは流石にただの社会科見学に来たのではないという状況を読んでいた。そして、さきほどの状態と比較して、コメント聞くときの相当な真剣さには、ちょいと感心。鋭い指摘と温かい励ましの言葉を頂いたが、まぁ、これからだよね。頑張ろう。
学生らはその後、3限に間に合うように大学に帰っていった(・・・のだろうか?)

 こういった実社会の現場と接する機会には学生らの意識が変わるのが実感できて、なかなか有り難い。学内にいると、なかなか自分たちの問題意識が社会と繋がっている感覚がもてないが、自分たちが考えていることとそこまで切り離されているわけじゃないことや、プロでも(いやむしろプロだからこそ)地味なフィールド調査で生のユーザの様子を重視していることを知ってもらえれば、とりあえず目的は達成できたかな。
 学生らには、決して学内発表会をゴールにせず、もっと広い世界に挑戦することを意識して欲しいと思う。そもそもそのためのプロジェクト演習なのだから。


 最後になりましたが、次世代ソリューション開発センター・ユーザーセンタードデザインチームの皆様、お忙しい中、学生の相手をして頂いてありがとうございました。感謝いたします。


参考:
UCDチームによる、@IT連載記事「モノ/ヒトをつなぐこれからの「場」のデザイン」
第1回 ユビキタス時代の「場」づくり入門
第2回  こだわりCDを多くのユーザーに快適に試聴させよ
第3回 人間の感覚を信じて情報を切り捨てるデザイン



IMG_8979.jpg
ベランダで育て始めた枝豆が芽を出した。毎朝、植物を眺めるのは忘れてた子供の頃の気持ちを思い出すようで、なかなか面白い。これは手間暇かけた枝豆と一緒に飲むビールはどれくらい美味しいのかを自分で試す実験でもある。

植物と同じように、情報を栽培する経験も面白いといいのだけど。

井上雄彦 最後のマンガ展   
2008年5月24日(土)〜7月6日(日)
会場: 上野の森美術館[上野公園内]
「バガボンド」 「スラムダンク」を送り出したマンガ家 井上雄彦が、美術館の空間に挑む。 全館描き下ろし。100点以上におよぶ肉筆画で構成される、この時この場限りの空間マンガ。
「スラムダンク、あれから10日後」のような感じですかね。。今、なんだか上野公園が熱い。バウハウス展と併せて行けるかなー。
対象物の時間軸をダイレクトに操作できるビデオプレイヤー。おお、気持ちいい。 ビデオの中に(Flashのガイドような)ヒントパスを埋め込んであるらしい。

DimP - A Direct Manipulation Video Player

diagram1.jpg
Amazonマーケットプレイスで購入した、「世界大百科年鑑1973」(平凡社)が届いた。¥2600也。さすがに年期の入った外観で、今となっては過去の遺物でしかない35年前の年鑑である。やっと手に入った。

さて、なんでこんな本を探し求めていたかというと、本来とは別の意味での価値が埋もれているからだったりする。言い方を変えれば、デザインのことを教えてくれるような情報が載っている本ではないが、デザインによって情報を伝えてくれる本である。

DSCF0046.jpg 同年代の情報デザイン系大学教員である、立命館大の八重樫先生のブログにちょいと気になるメディア掲載の話が載っていたので、本屋で当該の雑誌をパラパラと立ち読みしてみた。
ロック歌手のようだ と、書かれました。
演歌歌手ではないらしい。
kazarblog
あるジャーナリストによる立命館大の路線に批判的な記事。政治的な話はよくわからないので置いておくとして、うーん、あれほどちゃんと活動している人なのに、この文脈での特定個人のピックアップのされ方は気の毒。つーか「コミック本を積み上げてある」etc.という下りの恣意的な状況の切り取り方に思わず笑いました。記事だけ読むと書かれていることを鵜呑みにしてしまうかもしれないが、本人を知ってれば、おやおやと思う。メディアリテラシーって大事だな。

学生らは研究室のあるものに教員の人柄を見るわけで、演出まで考えているってのはデザイナーらしいじゃないか。マンガを研究室に置いているのが悪いというんなら、僕だって本棚に置いてるぞ、ってなことで本棚公開。(サブカル臭くてすみません)前の大学では頃はサブカルに興味持つ学生が良く借りに来てたが、今は興味持つ学生も全くおらずもはや眠ってるのでそろそろ処分しようとおもっているところだけど。

DSCF0027.jpg金曜日は、新横浜にてプロトコル分析講習会2日目に参加。この講習会は、横浜デジタルアーツの情報デザイン研究室が長年積み重ねてきた秘伝のユーザビリティ関連のノウハウを、研究室主宰の浅野先生のご厚意で複数の学校のゼミ向けに開いて頂いたもので、専修大学からは4年ゼミ生8名+3年有志3名+僕の12名で図々しくお邪魔してきました。この分野のプロフェッショナルの方(島村さん、易さん)を講師にお迎えした本格的なもので、ここまで充実したワークショップ形式の講習会がなんと無償というのは学生共々感謝しきりです。浅野先生、島村さん、易さん、どうもありがとうございました。学んだことは学生らがこれからの制作に大いに活かしてくれると思います。

講習会は、素材準備編(5月2日)、第一回プロトコル分析書き起こし編(5月9日)、第二回ロギングツールOBSERVANT EYE編(5月15日)の3週連続で行われました。浅野先生が詳しくレポートしてくださってますので、ここでは講習会の感想とメモを。


・題材の一つだった某メーカの電波時計(※講師の三方が家電量販店で膨大な数の時計をいじり倒して選んだ)の設定ルールはこの上無くわかりにくく、「今の時間にあわせてください」という簡単なタスクすら被験者はみんな苦しんでいた。手がかりを探して試行錯誤しづつける様を改めてビデオで追うと大変興味深い。画面が返すフィードバック情報が手がかりとして如何に重要か思い知る。

・今回は予定より人数が多かったため(うちの学生が多かったせいもある・・汗)、準備編で一部学生だけでユーザテストの映像データを作成しておき、解析の手法を中心とするというメニューだったが、やはり最初にユーザテスト本番に参加していたかいなかったかは、解析時の気持ちに差が出るのかもしれない。また、今回はできかったが、分析する前に対象物をよく触り自分で確認してみることは本来は重要とのこと(易さん談)。

・専用に開発されたロギングツールは分析を効率化してくれるけれども、画面に反応してボタンを押すより、映像の停止と再生を繰り返しながら手書きでコツコツとプロトコルを書き起こしていくほうが、ユーザの行動に入り込みやすく集中力は高いとのこと。なるほど・・。確かに一日目の緊張感に比べて二日目の方が学生らに疲労が見えた。

・製品やシステムは、マニュアルを見なくても有る程度試行錯誤で操作のルールを学習していけるように作ってなくてはならない。同様にウェブだって滞在時間の中で訪問者の活動との動的な関係にあり、決して止まった世界に存在するわけじゃない。こういった解析の経験は作り手が発想の元にする訓練としても有効だと思う。テストや観察は、最終段階じゃなくて設計プロセスの円環の一部なのだ。

・発話の解析は実に地道な作業だけど、はっきりとデータで確認できるので他人への説得力も強い。メソッドとしてちゃんと体得すれば学生にとっても相当な武器になりそう。実際、浅野先生の研究室の学生さん達は研究室で身につけた技で企業との共同研究を活発にやっており実績も多く残しているそう。我々の学校でも教室で閉じるのではなく、実践のことをもうすこし考えていかなければ。今度のカリキュラム改訂に向けて、こういった演習を育てていけるようにラボの環境を整えよう、とひそかに誓った。

・参加者への事後アンケートによると「バックグラウンドの違う人と話して、視点が違うのに驚いた」という意見が非常に多かったとのこと。ふむ、デザイン系の学生が多い中、この点、うちの研究室のNSコース陣は貢献できたのかな?。普通に生きているとついつい自分の解釈が当たり前って思いがちなので、多様な見方を知れるのはいいことです。

・最後の懇親会の頃には、だいぶ疲れていたようだけど、みんな「とても勉強になった」と言っていて良い機会に恵まれたと思う。いつも甘えてばかりではなく、僕の方でもなにか企画しなきゃな。


DSCF0070.jpg
とある大学病院の放射線科の壁に貼ってあった手作りダイアグラム。ほほえましいが、血が騒いで「俺に作り直させろ」と思わず言いかけた。
技師の方の話によると、地球にいる人間は日常的に宇宙放射線を浴びているものらしい。高いところに行くとその分光線は強くなるので、ヨーロッパへ飛行機で行くとそれだけでレントゲン1回分ぐらい浴びることになるんだそうだ。

放射線医学総合研究所のコンテンツに、航空機での宇宙線被曝線量を計算表示するシステム「JISCARD」と言うのがあった。飛行機の出発と到着を入力すると被爆量を計算できる。


Appearance and Disappearance '98 逢坂卓郎
降り注ぐ宇宙線を光に変換するライトアート作品。これは実際に見ると幻想的で美しい。





NHK放送技術研究所公開2008
5月22〜25日[世田谷区砧]

放送に興味のある人はどうぞ。結構楽しめます。

リビングワールド:今年のワークショップの予定

独特のセンスウェアで知られるLWが主催するワークショップ。
珍しいとり組みばかりです。

__

ああ、書きたいこと沢山あるが書く暇ないなぁ。。。。
今日も明日も必死で仕事です。


#金曜に学生らとプロトコル分析とロギングツール講習会1日目行ってきました。

浅野先生、島村さん、易さん、山崎先生、小林さん、山口さん、いろいろとお世話になりました!
来週もよろしくお願いします。
手短ですが取り急ぎお礼まで。

お隣の明治大学生田キャンパスの中にて、ギャラリーOPEN記念としてインタラクティブアートの展示があるそうです。学生諸君、月曜日の午後に時間ある人はお話聞きに行ってみましょう。

______________________________

明治大学生田図書館「Gallery Zero」オープニング記念展示
「Flowers:the interactive pictures」

迎山和司(映像)+宮下芳明(音響)

2008年05月12日[月]-06月06日[金]
05/12[mon] オープニング13:00-/講演会14:00-15:30
開館時間 | 平日8:30-22:00/土8:30-19:00/日・祝10:00-17:00
明大生田キャンパスへのアクセス

______________________________



この作品は映像画面のまえに鑑賞者がたつと花が咲くという作品です。花は定点撮影で撮られた実写映像で植物の時間の流れを体験できるようになっておりま す。また宮下先生には植物のDNAを可聴化した音響を、図書館から植物関連の貴重な書籍の展示を、それぞれご協力いただきました。映像+音響+書籍のコラ ボレーションを楽しんでいただけると思います。 加えて、05月12日には講演会をさせていただけることになりました。直感的なコンピュータ・インタラクションを効果的に見せることについて講演する予定でおります。
(迎山さんのmixi日記より引用)



子どもの学びと家族のコミュニケーショ ンのためのデザイン

5月8日(木)〜5月20日(火)リビングデザインセンターOZONE


■バウハウス・デッサウ展/BAUHAUS experience, dessau
4月26日(土)〜7月21日(祝・月) 東京藝術大学大学美術館[東京・上野公園]


■ダーウィン展
3月18日(火)〜6月22日(日)国立科学博物館[東京・上野公園]



就職って終わりじゃなくて始まりなんだからさ、そこをよく考えて生きろよ、とは思う。特にIT業界なんか新卒での就活に失敗したってリベンジのチャンスが山ほどあるんだから、仕事に打ち込んで胸を張れる成果を出すなり、コミュニティで人脈を広げるなり、長丁場の勝負を意識しつつ投資することが大事なのだろう。そして本当の強みは形式的なスキルや資格とかじゃなくて、コピペしようのない経験に裏打ちされた人となりだということを忘れないで欲しい。
僕の記事は就活のアドバイスじゃないよ--雑種路線で行こう


自信の有無は顔に出るというけれど、「人柄」という一見あいまいに見える基準にも、実は過去20数年積み重ねてきた経験や意思決定が色濃く反映されている。学生時代はそういう自己責任からなんとなく逃げられても、就活の選考の際には否応なく直視させられるから(人によっては)自分と外部の評価のズレを突きつけられて辛いのかな、と思う。学校という枠組みでは、個人の能力差はあってもフラットに同じ場所にいるような錯覚があるので余計に強調されそうだ。

楠さんが言うように『就職は終わりじゃなく始まり』に過ぎない。普通に計算すれば人生で何十年か働くことになるのだし、今評価してもらえないのは現時点ではそこまでの自分だと割り切って、ちょっとずつチャンスを生かして実績を積んでいけばいいのでは。とりあえず「自分はこうだから」「何型だから」と決めつけないで、ダメだったことはちゃんとチェックするなり(受けるなり)して、自分を向上させていく姿勢を持つことをお勧めします。

DSCF7843.jpg
連続してBBQで聞いた話をネタにするのも何だが、忘れないようにメモ。ある人に連れられていったBBQでお会いしたベテランのパイロットの方の話が興味深かった。今のジャンボ機が自動操縦であることは知識では知っていたが、実際に操縦している人から聞いたのは初めてだ。

「コンピュータ化が進んで、いろいろ葛藤はあるよね。これまでは3人必要だったのが2人で済むようになって、そんで人間は何しているかというと『どこかおかしくないかを見張る』ってことが中心なんだから。」

「操縦する人間のモチベーション的にどうかと。それに操縦のカンはいざというときに必要になるとしても、ストックされ続けるわけじゃなくて、人間、使わないで居ると能力はどんどん無くなっていくからね」


「ボーイング社とエアバス社ではインタフェースの設計思想が全く違っていて、ボーイングの方はまだ最終的な決定権は人間にあるように作られているけど、エアバスは逆に人間の意思決定が介在させないように作られている(ような気がする)。喩えで言うと、『危ない、と思ったときには車のハンドル切らないで、手を離せ』と。最初からエアバス操縦している人なら混乱は少ないかもしれないけど、パイロットはみんな他のメーカのとか古いのとかもずっと乗ってるわけだからねぇ。経験長いほどギャップ有るよねぇ」

「じゃあボーイング社のような(人間が最終的な判断する)方がいいかというと、それも一概には言えなくて事故原因としては圧倒的にヒューマンエラーの方が多い。安全性の優先という意味ではエアバスのような考えもある」

「ヨーロッパ(エアバス)とアメリカ(ボーイング)の機械に対する考えの違いや、それが生み出された文化的な背景を強く感じる。乗っているとその違いがよくわかるよ。日本人が作ってもまた違うんだろうけどね」


そこから話は零戦や桜花に移り・・・ふむふむと聞いているうちにあっという間に時間切れに。
貴重な話で楽しゅうございました。



Airbus A380 - cockpit | p a n o r e p o r t a g e | g i l l e s v i d a l
エアバスのコクピットを360度ぐるぐると見渡せる。なんという計器の数。

■Airbus A340の組み立てを340秒で一気に見る



このアーカイブについて

このページには、May 2008に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブはApril 2008です。

次のアーカイブはJune 2008です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

購読する このブログを購読

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

Powered by Movable Type 4.0