October 2008アーカイブ

igb1.jpg
無くなった本をみつけるために本棚をごそごそ漁っていたら、インフォグラフィックス関連本であまり知られてない本が目に入ったので簡単に紹介。どれも眺めているだけで楽しい本である。
なるべくポストイットで貸し出し控えを取るようにしているが、
時々、学生に貸したと思われる資料がそのまま行方不明になることがある。

ブロックマンのGrid System本、誰に貸したっけ?
ううっ、ダメだ、思い出せない・・・・。
(仕事で必要になって始めて無いことに気がついた奴)

心当たりのある人、他にも、僕から本を借りっぱなしの人、返却ヨロシク。


on the fly @ minimum interface from Hisato Ogata on Vimeo.
インタフェースに着目した珍しい展覧会があるそう。会期長いので、なんとか行けるかな。YCAMって行ったこと無かったのでこれを機に意地でも行く。

ミニマムインターフェース展
■2008年11月1日(土)〜2009年2月8日(日)12:00〜19:00
※年末年始休館12/29〜1/3
 
場所:山口情報芸術センター[YCAM]  入場無料

ナビゲーションデザイン: LEADING EDGE DESIGN
グラフィックデザイン:good design company

展覧会のタイトルである「ミニマム インターフェース」とは、ユーザ(鑑賞者)が、言葉によるインフォメーションやガイダンスを得ることによって、インタラクションが成立するのでなく、むし ろ言葉を回避して、身体感覚や知覚を直感的に開放するユーザーインタラクションの方向性の先に、インターフェースのあり方を見いだすことを意図していま す。こうした表現がもたらすユーザーインタラクションは、私たちに、作品の生み出す情報システムやプロセスそのものへの深い関心をうながし、情報と表象と の新たな関係を築くインターフェースの可能性を示唆します。また、本展では、高度情報化技術が登場する以前の芸術表現にはなかった「インターフェース」の 存在を、メディアアートや情報デザイン特有の最も重要な第1要素(ミニマム)としてとらえ、情報芸術の視点によって開かれる時間・空間の可能性を探る起点 として考えています。
(via.+39さん)
インフォグラフィックスの大御所、NigelHolmesは、自分の手法を"explanation graphics"と名付けているらしい。直訳すると「説明する図」?ただ機械的に伝達するだけではなく、映像的な演出も含めて読者をより楽しませようとする姿勢は、原田先生がダイナミックインフォメーショングラフィックスで取り組んでいる "知識"の伝達に近い印象を持った。(参考:原田先生の千葉工大コミュニケーションデザイン研究室のブログ)

こういった情報デザインの参考になる映像作品は沢山あって、最近はウェブで見れるものも増えている。先日、グラフィックデザインの講義の中で触れた映像作品を紹介してみよう。なお、ナレーションの英語がちゃんと聞き取れなくても、映像だけで普通の学生がどこまで理解できるのかを調べるために、講義では1回だけ見せ、この映像は何を説明していたかについて文章で書かせてみた。




「GOOD: Vampire Energy」
NigelHolmesによる、待機電力についての映像。これは親切すぎるほど易しく説明しているので、ほとんどの学生がちゃんと意味を理解できていた模様。



「Social Media in Plain English」
紙と手書きイラストで分かりやすく説明するCommonCraftのシリーズ作品から。
ソーシャルメディアとは、多くの人々の経験を投稿・共有・蓄積していくことでより使える知識になっていく今時のネット的な仕組みを指す用語(バスワード?)で、いわゆるCGMに近いような概念である。上の待機電力の知識よりは一般的ではないものを選んでみた。この映像では、繰り返されるアイスの印象が強すぎて、最初の導入でついて行けないと、喩え話だとはわかりにくかったみたいだ。英語がちゃんと聞き取れる学生には簡単だったようで、かなり詳しく説明を書いているものもいた。


MacBook到着

| | コメント(2) | トラックバック(0)
macbook.jpg
新型MacBookの安い方(2.0GHz)を注文してみた。アカデミックでちょっと割引されるので、代わりにBTOでハードディスクを160G→250Gに増やす。その後予定日より一週間近く短縮されて到着した。早い。

削りだしのアルミボディを眺めていると、僕はマタタビを嗅いだ猫のように意味も無くうっとりしてしまうのだが、なぜかこういう金属の質感って男の子ゴコロをくすぐるような。

さて使用感として、軽さとサイズ、キータッチ、全面トラックパッドには、いまのところ大満足。
しかしグレア液晶だけは・・・・超不満だ。映り込みで目が潰れる。ダサいけど、シートでも貼るか。

以前から何処行くにもMacBookPro一台で済ませていたのだが、セキュリティにはちょっとは気をつけようと別途モバイルマシンを購入しようかと迷っていた矢先だったので、ちょうど発売のタイミングがよかった。もうちょっと遅ければ、誘惑に負けてMSI WIND NetBookを買うところだった。あれは確実に実用性低そうなので危ない、危ない。





drag.jpg
先日、旧友と酒を飲んでいるときに興味深い話を聞いた。この友人は製薬業界に長年勤めており、薬剤のプロフェッショナルとして時々貴重なアドバイスをくれる。

「市販薬のパッケージ、商品名の頭にコピーがあるだろう。『風邪に◎◎』。『頭痛に◎◎』とか」
「ああ、あるね」
「そう書いてあっても、実際どうかは微妙でね」
「えっ?効かないの?」
「そのあとに"効く"とも"効かない"とも書いてないだろう」
「・・・・。」
「多分だけどね、言い切れないからちゃんと書けないんだと思うよ」
「なるほどねぇ、薬はまあ実験もしてるだろうし、実際症状が緩和されることは多いからまだ効く確率は高そうだけど、健康飲料とか健康食品の類はひどいんだろうね。<自主規制>とか<自主規制>とか。あれどうなの?」
「ああ、んなわけない(即答)」

というわけで、後日ちょっとドラッグストアに行って商品のヘッドコピーを観察してみたら、あちこちで「〜に」「〜〜が気になる方に」の連発に思わず笑ってしまった。アピールされる情報を普通に受け入れていくと、知らないうちに騙されていくって、なんだかなー。商品を選ぶ際にまで、文章の行間を読みとかなければならないとは、実に大変な世の中だ。
(写真はイメージです)

kani.jpg
カニを保管しておくため・・・、では無くて、記憶の目印としてのモチーフ活用。

「あれ、どこのコインロッカーいれたんだっけ?」
「たしかカニだ」

というようなシーンを狙って作られたのだろうと思う。貼り紙として追加された手作りサインは、おそらく迷うユーザを見かねた思いやりの発露で、うむ、そこにはささやかながらデザインを感じる。


しかし・・・、カニの絵を思い出してもそのカニがどこにあったのかを思い出せなければ、結局「カニのロッカーはどこですか」と探す羽目になるんじゃなかろうか。ちなみに、これの向かいは「ひよこのロッカー」である。手がかりがあるだけでも見つけやすくなるとは言えるが、隣近所のモチーフとの関係で位置を推測できるような命名規則にすれば、もうちょっとユーザビリティは上がるのかも知れない。

お台場にて撮影。

※追記:「ちゃんとキーについているタグの部分にカニのアイコンがついてるんですね」と、ある学生から指摘が入った。気付かなかった・・。いい観察眼しているなぁ。もしかしてこのタグの裏には、場所情報が書いてあったりして。今度確認しておこう。






hara.jpg
久々に週末の外出のついでに、ggg にて開催中の原研哉展に行ってきた。結構な混雑でちょっと驚く。ギャラリーの中は、厳選された数点の作品をゆったり展示した空間のバランスが計算されまくっていて、静謐な空間の中での微妙な"動き"と"崩し"が印象的だった。この間合いは、まさに俳句の美だな。

ところで、展示されていた「らくらくホンベーシックS」、結構有名な機種だが、原研哉デザインだということを始めて知った。(参考記事

原氏の存在を知ったのは90年頃で、最初はデザイナーとしてではなく、当時よく読んでいた原田宗典の爆笑エッセイに頻繁に出てくる登場人物としてだった。二人は高校時代からの親友で、大学生時代にわずかな食糧のピーマンをガスコンロであぶって、ふたりで奪い合いながら食べた、とかの貧乏エピソードに普通に笑っていたっけ。もう全部処分したのでタイトルは覚えてないが、若き日の原研哉の日常は氏のエッセイのあちこちに出てくる。で、原田氏が書いていたことの中ですごく覚えているのが、「ささいなことにも徹底して勝ち負けにこだわる奴」という下り(「ポスターを盗んでください」序文)。へぇ、作品を見ると他人との競争とか優劣とかの人間くさい心境とは別次元で悟りを開いていそうな性格な気がしていたけど、そうじゃなく、強烈な自我こそが氏の作品をここまでミニマムな美意識へと到達させたってことなのか、と。94年にこの場所であった個展の作品で興味をもって、以降ずっと作風の変遷を拝見しているが、年ごとにどんどん要素がそぎ落とされて静けさが増している。まるで日本文化の源流にさかのぼっていくようだ。



■「白」原研哉展
2008年10月7日(火)− 10月31日(金)
ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)
日曜・祝祭日休館 11:00a.m.−7:00p.m.(土曜日は6:00p.m.まで)  入場無料

■DESIGN SHOWCASE Vol.2 トークセッション
2008/10/23 18:00 to 20:30
グラントウキョウサウスタワー リクルート 23F サウスホール(丸の内)


多くの人にとってはポニョの女の子の後ろに地味なおじさんがいる、ぐらいの認識しかないとおもうが、藤岡藤巻の歌は面白い。ちゃんと聞きたくて思わずCD買ってしまった。50代後半の二人は、愛や夢を歌うためでもなく、カッコつけるためでもなく、ただ孤独なオヤジの心の内を、自虐的な笑いに転化しつつ淡々と歌う。

普通に笑える歌も多いが、「私はえらい」「贈られる言葉」といった企業戦士の晩年を題材にした歌は、これまでだれも歌わなかった歌詞で、独特のリアリティがせつなくて泣ける。うう、オヤジはみんな不器用なんだよ・・。共感する男は多いと思う。自分はまだ夢中で仕事している段階だけど、そのうちこういう気持ちと戦わなければならないんだろう。

大学生のみなさんも、父親には優しくしてあげましょうね。
Youtubeやニコニコに沢山動画あるようなので興味のある人はどうぞ。ポニョの歌とのギャップに驚きます。

先週のインフォグラフィックスワークショップのことを書いたついでに、せっかくなので「図でしか示せないこと」の例も挙げておこうと思う。インフォグラフィックスは、ユーザに向けた情報のデザインにおいて常に最適な方法というわけではないことは押さえた上で、この手法を僕が好きなのは、物事を違うフレームでみるということと密接に関係しているから。

つまりある見方から情報を編集するということであるが、このことに対して、僕は「切り口」という言葉をよく使っている。果物も切る角度によって全然違う断面の模様が見えるように、情報のかたまりも切り方それぞれで違う姿を見せる。

以前、TubeGraphicsの事務所を訪問したときに、木村さんの流儀を聞かせて頂いたことがあるが、その時に聞いた「視点」という考え方は、その辺をさらに上手く説明する方法だと思う。下の画像は、木村さんがインフォグラフィックスの演習の導入に使っておられるという手製教材である。

DSCF4349.jpg
通常は、自分の視点というのは四角の枠に目が収まっているようなもので、その枠の中からひとつの方向を見ているものだけれども、伝えるべき物事の姿をよく捉えるために枠から意識的に飛び出させ、360度眺め倒しながら「どう見せるかの」最適な視点を探すことが大事なのだよ、と語っておられたことを思い出す。(うろ覚えで申し訳ないです)「メタ認知」とかの難しそうな言葉を使いそうなところでも、噛み砕いた言葉とともにイメージしやすいように実際にかたちで見せるところが流石だと思った。

IMG_1136.jpg
5号館の清掃員のおじさんは、毎朝早く掃除道具や回収ゴミを一括でガラガラと引きながら移動し、研究室やゼミ室を掃除していく。よく見ると、捨てられた傘の柄や、バトミントンのシャトルの空き箱を上手にリユースして収納しやすいように工夫していることに感心した。移動しながら掃除するために、最適な形態を自分で編み出しているのだ。それを見ていて、やっぱり丁寧に仕事している人はそのやり方が表出しているものだな、と思った。

おじさん、いつもありがとうございます。

Helvetica展

| | コメント(2) | トラックバック(0)
ちょっと前に海外で話題になった、ドキュメンタリー映画の『Helvetica』のDVDが(ようやく)日本でも発売されるそうで、その記念に展覧会があるそうです。なんてフォントマニアホイホイな企画なんだろう。


「A tribute to Typography 〜 ヘルベチカの過去・現在・未来」展

日時:10月21日(火)〜10月28日(火)
場所:ラフォーレミュージアム原宿

(via.生活日報

  • 「HELVETICAと活字の歴史」
    • ヘルベチカ金属活字、活版印刷機、当時の書体見本帳、Helvetica以前のサンセリフ<書体、以後の書体との比較展示
  • 「グラフィックデザイン for HELVETICA」
    • Helveticaを用いたポスター・リーフレット等、新旧・和洋含めた作品の展示
  • 「HELVETICAとヴィジュアルアイデンティティ」
    • Helveticaを用いた企業ロゴを写真や使用例の展示でご紹介
  • 「アルバムジャケットアート for HELVETICA」
    • 1950年代から現代までのジャケットアートを100点ほど展示予定
  • 「HELVETICAに挑む」
    • 人気デザイナーの競作による、Helveticaを用いたグラフィック作品を展示
  • 「HELVETICA シアター&Talk」
    • ドキュメンタリー映画「Helvetica」の特別プレミア上映と、ヘルベチカに関係の深いタイポグラファー、デザイナーのトークショー
  • 「Helvetica Shop」
    • オリジナル「Helvetica」プロダクトと、関連アイテム、デザイン書籍などの販売
  • 「活版印刷のワークショップ」
    • PAPIER LABO.さん協力のもと、会場で活版印刷のワークショップを開催します。日時未定

同僚の福冨先生からご案内を頂きました。
コンテンツ学会というのができたそうで、その設立シンポジウムです。
今回の登壇者からは、ややコンテンツ政策のための会合のように見えますが、
実際の活動はクリエイティブ向けのコミュニティとしても考えておられるそうです。
興味のある方はどうぞ。
詳細は学会ウェブサイトをご参照下さい。

・日時:2008年10月11日(土)
  13時30分〜14時:発起人を対象とした設立総会
  14時30分〜16時30分:設立シンポジウム
  終了後、設立記念パーティーを開催
・会場:秋葉原コンベンションホール
・費用:無料(設立記念パーティーのみ会費制:5000円程度)
・登壇者(50音順):
  麻生太郎氏(自由民主党総裁 内閣総理大臣)
  大路正浩氏(内閣官房知的財産戦略推進事務局内閣参事官)
  小笠原陽一氏(総務省情報通信政策局コンテンツ振興課課長)
  金正勲氏(慶應義塾大学DMC機構准教授)
  杉山知之氏(デジタルハリウッド学校長)
  中村伊知哉氏(慶應義塾大学メディアデザイン研究科教授)
  玉井克哉氏(東京大学先端科学技術研究センター教授)
  原口一博氏(民主党衆議院議員)
  堀部政男氏(一橋大学名誉教授)
  村上敬亮氏(経済産業省商務情報政策局メディア・コンテンツ課課長) 
  山下和茂氏(文化庁長官官房著作権課課長




近年、デジタル技術の発展によるメディア環境の変化に伴い、コンテンツ分野に対する関心は急速に高まっています。それに合わせ、社会科学、人文科学、工学をはじめとする各学術領域において、関連する研究の蓄積と公開が徐々に行われ始めている段階にあります。

  しかしそれらの活動は、現状においてコンテンツ分野を専門的に取り扱う中心的基盤が存在しないためにきわめて分散的な状況にあり、人材の交流と育成、学術 的水準の向上に不可欠となる透明で統合的な評価指標、そしてその成果の実社会への還元等の観点から見て、未だ十分な水準に達してはいません。今後、社会・ 経済全体の中でのコンテンツの持つ重要性が更に増大していくとすれば、コンテンツ分野を支える知的・人的基盤を継続的に強化していくことは不可欠であると 言えます。

 こうした問題意識に立ち、我々はコンテンツ分野を総合的に取り扱う新しい学会、「コンテンツ学会(仮称)」を立ち上 げることと致しました。本学会は、コンテンツ関連の緒問題に関する学術的研究の推進や人材育成に加え、表現の創出、技術の開発、ビジネスモデルの設計、政策の立案等を通して、創造社会の実現に資することを目的とします。
コンテンツ学会ウェブサイトより


IMG_1129.jpg
Eye-Fiとは、無線LANが内蔵されているSDカードで、シャッター切ると自動的にPCに転送され、さらには自動的にインターネットにもアップできるという便利モノ。今年の春頃、たしか未踏の打ち上げの時に慶応安村研の渡邉君が使っているのを見て物欲を刺激されていたのだが、先日、普通に注文できることを知り、思いきって買ってみた。研究室用に位置情報を埋め込める機能が付いた上位機種のExploreを選ぶ。GPSではなく、PlaceEngineと同じように無線LANスポットの位置から割り出すものらしい。この機能はまだ日本ではサービスが始まってないので全く威力がわからないが、とりあえず写真の自動転送だけでも体験してみると、こ、これはかなり便利。 さっそく4年のY君に貸し出して彼に遊ばせつつ、webサービスとして何かできないか実験してみることにする。よろしく>Y君

自動でインターネットに上がる、というのも驚きだが、ちょっと前に、「レンズもCCDもないデジカメ」というアイデアを聞いたことがある。シャッター切ってしばらくすると、その時間に撮影された世界中写真をFlickrからかっさらって液晶部に表示するというものだ。(via.デザイン思考)その強引な時空間が拡張された感覚にはクラクラするが、技術の進歩はそれまでの身体感覚とはかけ離れた経験をもたらすことを改めて実感する。


ちなみに、購入した直後、日本でも年内には発売開始されることを知った・・・・。まぁ、ガジェット自慢できるのはちょっとの間ってことで。

参考記事
Eye-fi 購入方法とショップ比較


ig0.jpg
9月27日にTubeGraphicsの木村さんが主催された「インフォグラフィックス・ワークショップ1 in渋谷」のお手伝いとして参加してきた。最近はずっと体調が悪くてなかなかブログ書く力も湧かないが、熱心に学ぶ参加者のみなさんから元気を頂いた気がする。

テーマは「人が集まる 魅力を伝える」と設定され、渋谷に点在する集客力の高い建物空間として、東急ハンズ、LOFT、東急フードショー、109、Q-Front、の5つの題材から一日だけでインフォグラフィックスを制作する、というワークショップである。
社会人3人+学生1人で構成された5チームが、自分たちのテーマに沿って街で必要な情報を観察・リサーチ・収集・分析・整理し、どのようにデザインすれば他の人に注目・理解されるかをチーム一丸となって考え、インフォグラフィックスを完成させます。ワークショップ参加者全員の情報リテラシー(情報を使いこなす能力)を高めていくことが目的です。
ワークショップ概要より引用
さて、ちょっと出遅れたので当日の具体的な内容については参加者やオブザーバーの皆様からたくさんレポートがあがってますので、(浅野先生のレポートが詳しいです)そちらを参照頂くとして、僕は思ったことを交えながら書いてみる。

このアーカイブについて

このページには、October 2008に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブはSeptember 2008です。

次のアーカイブはNovember 2008です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

購読する このブログを購読

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

Powered by Movable Type 4.0