March 2012アーカイブ

P1000424.jpg
MY ROLE PROJECTが本になりました.
2011年度の専修大学ネットワーク情報学部の2年次基礎演習で実施したインタビューを編集しなおし,オンデマンドで限定出版したものです.オンデマンドと言ってもなかなかの仕上がりで,ぱっと見は,普通に書店に並んでいても遜色ない出来映え.残念ながら非売品です.

 記事作成は履修生全員,編集は学生有志による編集委員会(清水君,山田君,白土さん,諸星さん),演習での指導は栗芝先生+星野先生+僕,ブックデザインは高橋さん(4年上平研),そして企画監修が上平と,多くの人々がそれぞれ担当したことを結集することによって出来あがった力作です.みなさん,お疲れ様でした.出版費は,専修大学情報科学研究所の研究助成を頂きました. 感謝致します.

P1000429.jpgインタビュートップは,障がい者雇用のリーディングカンパニー,日本理化学工業の大山会長.実は専大の近くにあります.

MY ROLEは,学部で2年前から演習課題の一環として実施している活動です.(実質,5〜6週間程度)インタビューをコンテンツ化するというのはわりとよくある方法ですが,普通に取材に行くだけでは社会人の方が一方的に協力することになりがちです.そうじゃなくて,社会人の方も「引き受けて良かった」と嬉しく思えるように,なんらかのかたちで学生からもギブできないか,という相互贈与関係を模索している試みです.

そこからさらに僕がプロジェクトとして構想しているのは,このMY ROLEという名前や仕組みをスケールさせ,日本や世界のあちこちで展開すること.

どこでだれがやっても絶対に同じものになりませんし,課題内容に困っているところもあるかもしれません.クリエイティブコモンズライセンスの元で,オープンソースの教材としてやり方を公開・共有したり,出版費用に対するノウハウや,その他アイデアを付け加えて成長させていけないかな,と.

有名な人ではなくても,ふと耳を澄ませば人々の語りは魅力に溢れています.なにも無いように思える地域でも,切り口次第でコンテンツはつくれます.学生たちが学ぶ力をうまく変換すれば,おおげさに社会変革を唱えなくても,生活の中に埋もれている価値を改めて見直していくような,ささやかなきっかけになるのかもしれません.

というわけで,教育機関(小・中・高・大)で教育に関わられている方で関心を持たれた方がいらっしゃいましたら,先着5名様にこの書籍を差し上げます.上平までメール(kamihira_at_isc.senshu-u.ac.jp)かその他ソーシャルメディアでリプください.申し訳ありませんが,関係者や協力者の方々に配布したら,瞬く間に捌けていき,在庫がもうほとんどありません・・・.

上平による序文より 
<前略>
 そんな社会と教育の場の乖離を見て、僕はこのプロジェクトを始めた。MY ROLE Projectは、人々が協同で作り上げることを通して、教育と社会の双方の場に意義をもたらすような読み物を企画・出版するという、いわば参加型デザインの枠組みのことである。これは僕自身が自分の仕事、そして役割を考えた末の小さな試みでもあった。

 今回、収録したインタビューに協力してくださったのは、神奈川県川崎市近郊で働いている社会人の方々だ。この方々を取材し、記事を作成したのは、2011年度の専修大学ネットワーク情報学部インタラクションデザイン基礎演習の2年生約百名の履修者である。各チームから集められた記事を、履修生有志による4人の編集委員会が一冊の本として構成した。

 取材は演習のグループ課題として行われており、学生たちはそれを進める過程で、社会人の協力の元で実践的な学びを得た。また一方で社会人の方には、インタビューに応え、学生を経由して個人的な仕事への思いを語って頂いた。言葉を自分の外に出し、丁寧に紡いでいく過程で自分の仕事の意味、役割について考えを深める契機となったに違いない。そして、活字として記録することで、一般の読者とも共有することができるようになった。学生、そして社会人がそれぞれの立場で貢献したことが、一冊の本というかたちになることで、参加者の一人としての誇りへと変化することを目指した。

 本書を読む人は、登場する31人の人々の考え方やエピソードに触れながら、街の中での役割の多様さや、川崎という街を形成している人々の関わりあいを知ることができるに違いない。そこから自分の住む街についても、これまで気づかなかった部分への視点と重ねあわせながら、想像を巡らすことができるはずだ。

人が自分の役割を為す上で、大事なことは何か。そして街のために働く人々は何のために働くのか。それぞれの語りを通して、おぼろげながらそれらが見えてくるだろう。
<後略>


このアーカイブについて

このページには、March 2012に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブはApril 2011です。

次のアーカイブはMay 2012です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

購読する このブログを購読

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

Powered by Movable Type 4.0