IA Basic Learning Kitを公開しました

| | コメント(1) | トラックバック(0)
IMG_6630.jpg
IA Basic learning kitとは
Webにおける情報設計(インフォメーションアーキテクチャ)についての基礎的な考え方を学ぶことを目的とした教材です。ワークショップ形式でみんなで考えながら進めていくことができます。もともと僕が担当しているネットワーク情報学部の2年生向けの演習用教材として開発したものですが、広く一般の人や他大学の学生さん達にも利用してもらえるように新しくまとめ直しました。

内容に関しては、坂本貴史さん(ネットイヤーグループ株式会社 UXデザイナー / IA Thinking 著者)に専門的視点で監修して戴きましたので、数少ないIA系の初学者向け教材として使えるレベルになっていると思います。


ここからPDFをダウンロードできます。
印刷してご利用ください。

download_button.png




キットの中身について
ある観光地のキャンプ場を題材に、予めカード化してある素材(コンテンツカード)を机の上で並べながら、情報を組み立ていきます。1)サイトの目的の整理、2)カードソート、3)サイトマップ作成、4)プロトタイピング、5)評価して再制作、までを連続して行えるキット(カード+冊子)になってます。1日で終わる量ではありませんので、3〜4週に分けて実施することを想定してます。

おおまかなプロセスは以下の図の通りです。


panel_2img.png
カード化することで、
1、同じ素材であるため、情報の組み立て方自体に焦点をあてることができる。
2,具体的な題材を通して、その中にある情報設計の概念に気付くことができる。
3,一緒に取り組んだ人と、それぞれの結果を比較し、考えることを通して、一人では得られなかった多角的な理解を深めることができる。
4,ボトムアップ思考とトップダウン思考、それぞれのあり方を併せもったトレーニングができる。
などの特徴があります。


制作後の雑感
情報設計についてはWebやマニュアルなどの専門家の業界では長年の知見が積み重ねられていると思いますが、大学生レベルを対象とした教材は未だにほとんどないのが現状で、必要に駆られてつくりました。コーディングやグラフィックデザインなどの目に見える部分以外にも大事な領域があるのだと知ってもらえればいいな、と思います。ちなみにPDF冊子も全部手製です。

このキットで扱っている学習内容はごく基本的なことではあるのですが、同じ素材でありながらも、見出しの付け方や繋ぎ方、各情報の位置づけの解釈の仕方など、制作者の持っている視点によって結果が大きく違うものになっていくのが、非常に面白いところです。学生達の様子を見ていると、普段モニタの中にあるようなものが、一覧化して触って検討できるところが面白く感じているようです。

わかる人にはわかると思いますが、このキットにはIDEOによるHCD Toolkitの影響は小さくありません。方法論や道具をWebで無償配布し、それによって社会的な関係構築につなげていくというプランは自分の場合でも可能なのかを試してみたかったわけです。実はコンテンツカードの素材となる情報を提供してくれた地方自治体やNPOに教材利用者が寄附できる仕組みまでを念頭に置いてましたが、その辺を実現するにはまだ考えなければならない事も多く、今のところは力及ばずと言ったところです。

このキットができあがったのは梅雨時でしたが、専用ページつくるのが先延ばしになっていますので、まずこのブログ上で公開してしまうことにします。いろいろと不足している部分はあると思いますが、随時バージョンアップしていければと考えてます。フリーで公開するのは、フィードバックを頂いて改良していくことも目的の一つですので、利用された方は是非メールやソーシャルメディア等で意見を聞かせて戴けると嬉しいです。どうぞよろしくお願いします。



カテゴリ

,

TRACK BACK(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: IA Basic Learning Kitを公開しました

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.kmhr-lab.com/mt/mt-tb.cgi/310

COMMENT(1)

このキットで扱っている学習内容はごく基本的なことではあるのですが、同じ素材でありながらもブランドコピー、見出しの付け方や繋ぎ方、各情報の位置づけの解釈の仕方など、制作者の持っている視点によって結果が大きく違うものになっていくのが、非常に面白いところです。

コメントする

このブログ記事について

このページは、kamihiraがAugust 20, 2012 9:08 AMに書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「学生と一緒に出演した教育映像「tunnel man」が公開」です。

次のブログ記事は「MY ROLE 2012 が出来ました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

購読する このブログを購読

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

Powered by Movable Type 4.0